Alyssa Castillo Yap アリッサ カスティロ ヤップ 

Alyssa Castillo Yap
アリッサ カスティロ ヤップ

Master’s Student
修士課程学生


e-mail [at]→@:
alyssacyap[at]g.ecc.u-tokyo.ac.jp

Information, Technology, and Society in Asia (ITASIA) Program, Graduate School of Interdisciplinary Information Studies

Languages: Native-level Tagalog and English, and intermediate French, Japanese, and Korean

I am a Master’s student from the Philippines, but I lived in Vietnam for 7 years. I graduated from the College of Arts and Sciences, PEAK Japan-in-East Asia Program in Komaba in 2022. I am interested in gender, spaces and communication, particularly in urban areas. I am currently continuing my research on the topic of queer representation in Tokyo, and particularly, in finding the linkages between culture, the built environment and gender dynamics.  Recently, I have also been keen on the influence and potential of artificial intelligence. For instance, looking at what AI’s social justice impacts and uses in urban contexts are.


東京大学 学際情報学府・学際情報学専攻 アジア情報社会コース

言語:タガログ語・英語(ネイティブレベル)、フランス語・日本語・韓国語(中級レベル)

私はベトナムに7年間住んでいたフィリピン出身の大学院生です。

ジェンダー、スペース、コミュニケーション、特に都市部に関心があります。2022年に東京大学教養学部のPEAKプログラムを卒業しました。現在は、東京におけるクィア表現について、特に文化、建築環境、ジェンダーダイナミクスの関連性について研究を続けています。 最近は、人工知能(AI)の影響と可能性にも注目しています。たとえば、都市の文脈における人工知能の社会正義への影響や利用法などについて興味があります。